ニュースNews

チームスピリット、ミッション「すべての人を、創造する人に」の実現に向け 「TeamSpirit」ブランドコンセプトを表現するアニメーションを制作・公開

2021年9月22日 12:00

〜「働き方を変えて、世界を変える。」をテーマに「TeamSpiritのある働き方と生活」を表現〜

株式会社チームスピリット(代表取締役社長:荻島 浩司、 以下 チームスピリット)は、今年で提供開始から10周年を迎えた「TeamSpirit」のブランドコンセプトを表現する新たなアニメーションを制作し、9月22日に公開いたしました。

コーポレートビジョン「すべての人を、創造する人に。」を掲げ、「TeamSpirit」の”働く人のムダをなくし生産的にする、創造的にする”という製品コンセプトに基づき価値を提供して参りました。提供開始から10周年を迎えた現在は、約1,500社、31万人以上のお客様にサービスを提供し続けております。これまでの10年に続き、この先の未来において働く人々が業務のムダを減らし、より創造的な仕事に向き合う時間を増やすことを実現するために「働き方を変えて、世界を変える。」というテーマで、「TeamSpiritを活用した働き方と生活」を表現するアニメーションを公開しました。今後とも、「TeamSpirit」及び「TeamSpirit EX*」を通じて、働き方の「効率化」「可視化」「最適化」の3つの価値を提供し、「働き方を変えて、世界を変える。」ための支援をして参ります。
*2021年3月に提供開始した大企業向けサービス
 
■動画のこだわり
昨今、業種業態、企業規模を問わずいわゆる業務系SaaS導入の動きが加速しています。中でも、「勤怠管理」「工数管理」「経費精算」等のバックオフィス向けクラウドサービスは大半のビジネスパーソンが日常的に使用するため、需要がより顕著です。働き方改革とコロナ禍に伴うテレワーク推進、SDGsへの関心の高まりや電子帳簿保存法改正等に伴うペーパレス推進、そして2025年の壁*に備えるためのDX推進に向けて、バックオフィスの生産性向上における対応の重要性はエンタープライズ企業を中心に今後も高まり続けます。それに加えて、企業は出社・在宅ワーク・直行直帰、それらを組み合わせたハイブリッドワークなど、多様な勤務体系へのバックオフィス対応が求められています。当社はその移行プロセスを単なる業務改善やデジタル対応で終わらせず、DXがもたらす『生産性向上』にこそ意義があると考えています。

*経済産業省が2018年に公表した『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

 
【リードマーケティングマネージャー 片山 亮のコメント】
現在直面している社会的な変化は、デジタル後進国とも揶揄される日本において業務変革を促進する絶好の機会です。私たちは働き方の変化をアニメーションでわかりやすくお伝えしたいと考えました。
動画のメインテーマを、機能の解説ではなく、TeamSpirit活用によって訪れる「業務習慣の変化」におきました。ありがちな業務課題シーンを動画に散りばめ、動画を視聴した方が、TeamSpiritの活用によって「その課題が解決できるかもしれないな」と気づきを生む構成としました。また、クリエイティブパートナーには、TeamSpiritのユーザーでもあるEDP graphic works Co., Ltd.社を迎え、実際のユーザー視点を取り入れました。結果として、今回、TeamSpiritの世界観を端的に伝える象徴的なアニメーションが完成いたしました。今後は、Web広告やオンライン展示会をベースにコンテンツを活用し、TeamSpiritが考える、「生産性が高い働き方(イノベーションを生み出す働き方)」を多くの皆様に知っていただきたいと思っています。

 
クリエイティブのこだわり
【「TeamSpirit」コンセプト動画】
ー朝、起床して急いで支度をし、満員電車に揺られ走って出社する。
このような経験、ありませんか?本動画では、日々多忙な働く人のとある1日に焦点を当て、TeamSpiritを活用することで自身の働き方を変え、そして自分の世界を変えていく主人公の様子を描いています。TeamSpiritがない世界とある世界を対比させることで、TeamSpiritが提供できる価値について、わかりやすく表現しています。
視聴URL:https://www.youtube.com/watch?v=b5c73742JuM

【「TeamSpirit」製品説明動画】
バックオフィスにおける担当者のお困りごと・悩みあるあるのシーンとともに「TeamSpirit」の機能を5つの切り口でご紹介しています。
視聴URL:https://www.youtube.com/watch?v=gdMrQEOgUzw

■クリエイティブパートナーについて

EDP graphic works Co.,Ltd.
モーショングラフィックデザインを武器に映像コンテンツを提供するデザインスタジオ。誰かの想いを「動くデザイン」として見える化して、見る人の心・行動も動かすことを目指す。受賞歴/D&AD イエローペンシル、カンヌライオンズ ゴールド他
ホームページ:https://lp.edp.jp/

 
【EDP graphic works Co., Ltd. 制作担当ディレクター奥田祥生氏よりコメント】
今回のプロジェクトではサービスのメリットを説明するだけの動画ではなく、利用者の目線に落としこむことで、TeamSpiritで実現できる社会、生活を感じてもらえるようなものを目指しました。実写ではなくモーショングラフィックデザインを用いた動画にすることで対象を限定せず、幅広い方に共感していただけるようなデザインやシチュエーションを実現できたと思っております。弊社でもTeamSpiritを導入しており利用者としての目線と、実際にシステムを運営している方々の目線で双方が直接意見交換をでき、コミカルなアニメーションで目を引きつつ難しすぎない説明で気軽にみていただけるようなものではありつつ、サービスの訴求もしっかりと出来るものが作れたのではないでしょうか。

【TeamSpiritとは】
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」は勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。
モバイルにも対応し場所を問わずどこでも利用することができますので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。
サービス紹介ページ:https://www.teamspirit.com/ja-jp/

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォームTeamSpiritを提供するB2B SaaS専業企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出す「イノベーションを創造させる働き方改革」に貢献し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。
コーポレートホームページ: https://corp.teamspirit.com/ja-jp/

・「チームスピリット」、「TeamSpirit」は株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種サービス名は、各社のサービス名称、商標または登録商標です
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社チームスピリット PR事務局
ビルコム株式会社 担当:福本
TEL:03-5413-2411/FAX:03-5413-2412/Mail:teamspirit@bil.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■株式会社チームスピリット Twitter公式アカウント(@teams_staff)
https://twitter.com/teams_staff

■株式会社チームスピリット Facebook公式アカウント(@teamspirit.jp)
https://www.facebook.com/teamspirit.jp/

■TeamSpirit 魂のブログ
https://www.teamspirit.com/ja-jp/blog/
 
■イノベーション総合研究所「WITH」
https://with.teamspirit.com/