ニュースNews

チームスピリット「HRテクノロジーコンソーシアム」に特別協賛決定

2022年10月11日 15:00

-新時代の働き方改革ソリューションを10月12〜14日開催の【第11回HR EXPO】で公開-

働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」シリーズを開発・提供する株式会社チームスピリット(代表取締役:荻島 浩司、 以下 チームスピリット)は、一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム(以下「HRT」(中央区八重洲/代表理事:香川 憲昭))に特別協賛し、勤怠工数データを活用した新時代の働き方改革ソリューションの研究開発を開始したことをお知らせいたします。
また、2022年10月12日(水)~14日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「第11回HR EXPO」の「TeamSpirit」出展ブースにて、人的資本経営推進における「TeamSpirit」活用事例のほか、HRT代表理事香川氏による解説動画を公開いたします。

【特別協賛の背景】
勤怠・工数データの掛け合わせで働く人の活動情報をリアルタイムに集積・可視化することができる「TeamSpirit」は、現在1,600社36万人以上にサービスを提供しています。働き方改革の黎明期では、労務分野における法令遵守など、企業のリスクマネジメントの側面で多くの企業に価値を提供してきました。昨今の従業員のウェルビーイング意識の向上と人的資本経営推進の潮流の中で、人事、活動行動などのデータ収集と活用を促す「TeamSpirit」のニーズが高まってまいりました。TeamSpiritは、HRTがイニシアティブをとっている人的資本に関する取り組みに賛同し、今後の開発計画において本テーマにおけるサービスを強化していくこととしたため、特別協賛に至りました。10月12日より開催されるHR EXPOでは、HRTと研究開発を進める働き方改革ソリューションの紹介を行うことも併せてお知らせいたします。

【第11回HR EXPO (人事労務・教育・採用)[秋]の概要】
展示会名称:第11回HR EXPO (人事労務・教育・採用)
日時:2022年10月12日(水)〜14日(金)10:00〜18:00 ※13日(金)のみ17:00まで
会場:幕張メッセ(9〜11ホール)
主催:RX Japan株式会社
出展ブース:10-53
展示会URL:https://www.office-expo.jp/tokyo/ja-jp.html

【TeamSpiritによる人的資本活用ソリューションイメージ】
当日ブースにお越しいただいた方に、「TeamSpirit」で表現可能な各種ダッシュボードの実例をご紹介いたします。
(1)【人事担当者向け】労務管理ダッシュボード
36協定など労務におけるリスクマネジメントの観点のモニタリングが可能

(2)【従業員個人向け】自己管理ダッシュボード
従業員一人ひとりが自身の労働時間や業務割合などの働き方をセルフマネジメントが可能

(3)【経営者・マネージャー向け】人的資本ダッシュボードβ版
個々の従業員やチームの業務実態を定量的かつリアルタイムに把握することが可能。生産性向上のための戦略立案・改善活動など、人的資本を活かし企業価値を高める観点で有効。

<活用イメージ>

【HRT代表理事 香川憲昭氏コメント】
欧米の人的資本開示の潮流を受け、日本でも急ピッチで人的資本開示ルールが整備されています。早ければ23年度より、全ての上場企業は有価証券報告書上で人的資本と多様性の情報を開示する法定義務が発生します。我々は、人的資本開示に対する上場企業の対応は「より積極的に企業価値向上につなげる」企業と「受け身で少しずつ開示していけばいい」と考える企業に、二極化すると考えています。いずれにしても、経営者、IR部門及び人事部門がしっかり議論した上で人的資本開示への対応方針を意思決定する必要性があります。
一方、人的資本開示の実務においては、リスクマネジメント観点の開示項目にとどまらず、企業価値向上に資する開示項目の関連データを効率的に集積できるツールは日本では極めて数が少ないのが現状です。「TeamSpirit」の新たなソリューションでは、「労働時間データ」と「業務内容データ」の効率的な集積・分析・可視化を実現している点に大きな可能性を感じています。勤怠データと業務内容データを分析・可視化して1on1面談を実施するケースを想定すると、上長は部下に対して可視化されたダッシュボードのグラフを見ながら「価値向上」につながる業務に、より多くの時間を充てるよう部下に助言するようになると考えます。この点において、「TeamSpirit」の新たなソリューションは、マネジメントクオリティの向上に寄与し、その成果としての「生産性向上」につながるソリューションとなると確信しています。

【株式会社チームスピリット コーポレートコミュニケーションチーム・マネージャー エバンジェリスト 荻島 将平コメント】
昨今のコロナ禍以降、従来の働き方改革のメイントピックだった長時間労働の是正、柔軟な働き方の浸透は週足に改善が進みました。その結果、岸田政権が掲げる「新しい資本主義」、特に「人への投資」にあるように、より本質的な人的資本や企業価の値向上に注目が集まっています。「TeamSpirit」は人事労務やマネジメント課題の解決を支えてきた機能と実績を自負するとともに、より社会課題・経営課題の解決に貢献していきたいという想いから、この度のHRTへの特別協賛に至りました。「TeamSpirit」のユニークな価値の一つは勤怠・工数データにより働き方を可視化できる点です。HRTに評価されているユニークな価値をより最大化できるよう研鑽を続けるとともに、HRTとのソリューション開発や活動の支援に尽力してまいります。

チームスピリットは、今後も「TeamSpirit」の提供価値に磨きをかけ、お客様の人的資本経営および従業員一人ひとりのウェルビーイングを推進するサービスを提供してまいります。

【一般社団法人HRテクノロジーコンソーシアム(代表理事:香川憲昭氏)とは】
経営視点からのHRテクノロジー活用と人的資本の開示の普及啓発のため、法人・個人会員と政・学・官のオープンな連携、業種業態を超えて中立的でオープンなディスカッション等を行う団体。日本企業が世界で戦うために極めて重要となるHRテクノロジー及び人的資本マネジメント関連市場の成長・底上げに直結する「非営利」だからこそできる活動を推進している。
日本初の人的資本開示をテーマとした専門書籍「経営戦略として人的資本開示」を2022年5月出版。2022年10月30日には、第2弾として「戦略的人的資本の開示 運用の実務」を上梓予定。
ホームページ:https://hr-technology.or.jp/

【TeamSpiritとは】
働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」は勤怠管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。
モバイルにも対応し場所を問わずどこでも利用することができますので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。
サービス紹介ページ:https://www.teamspirit.com/ja-jp/

【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォームTeamSpiritを提供するB2B SaaS専業企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出す「イノベーションを創造させる働き方改革」に貢献し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。
コーポレートホームページ: https://corp.teamspirit.com/ja-jp/

・「チームスピリット」、「TeamSpirit」は株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種サービス名は、各社のサービス名称、商標または登録商標です

■詳細はこちらよりご確認ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d21273-20221009-ce57e6186ac6671329b983952985aa78.pdf
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社チームスピリット PR事務局
ビルコム株式会社 担当:福本
TEL:03-5413-2411/FAX:03-5413-2412/Mail:teamspirit@bil.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社チームスピリット Twitter公式アカウント(@teams_staff)
https://twitter.com/teams_staff

■株式会社チームスピリット Facebook公式アカウント(@teamspirit.jp)
https://www.facebook.com/teamspirit.jp/

■TeamSpirit 公式note
https://note.teamspirit.com/